ガス料金について考えよう
2019年5月21日

ガスの利用で災害時も安心

今、巷ではオール電化が主流となりつつありますが、災害時には脆弱性も見つかっていてまだまだ問題をはらんでいるため、これからの改善が期待されています。

災害時に強い再評価されているのが、都市ガスやプロパンガスです。もちろん、災害が起きた当初にはインフラの多くはダメージを受けているため、使用することはかないませんが、大体1週間ほどで復旧がなされるため、設備さえあれば使用を開始することが出来るため、災害時であっても耐久性が強いと言われているのです。今年の秋に起きた北海道の地震の際には1週間近く道内が停電していたと言います。

そのような状況下では電気の使用が困難ですが、ガスは比較的短期間で復旧したため、すぐに調理をすることができたとの情報が出ていました。北海道のような寒い地域では、火が使用できるかどうかが生命線になる危険性があるため、ガスが使用できるということは災害時において強みでもあります。確かに、オール電化は安全かつ便利ではあるものの、いざという時に強いのがガスなのです。

栓をひねるだけで使用することが出来るため、難しい状況下においても室内で調理をすることが出来るため、オール電化に比べて耐久性に優れていると言われています。今後はさらにオール電化が進んでいくことが考えられますが、災害時に強いインフラに対する再評価が進められており、こうした状況は今後も変わっていくことが予想されているとされています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *