ガス料金について考えよう
2019年5月6日

ガス供給業者の見直しをしてみましょう

一般家庭の熱源は、大きく分けると電気とガス、そして灯油となります。

近年はオール電化住宅なども増えてきておりますが、地域全体が電源を喪失してしまうブラックアウトという災害が発生したこともあり、熱源は複数確保しておくという考え方が主流となりつつあります。その中でもガスは極めて使い勝手が良く、価格もリーズナブルであるために多くの支持を集めているものと言えます。

大都市や主要都市などは地下に張り巡らされた管路を通り供給される都市ガスが普及しており、地方都市では住戸別に設置されているプロパンが普及しています。どちらにも一長一短がありますのでまずはそれを確認しましょう。前者の場合には、コストが比較的低く抑えられるという利点があります。

公共料金という扱いになりますので、事業側の設定する利用料金は一定の水準内に抑えられていますので安心して利用できます。一方でプロパンの場合には火力が強く使える場所を選ばないという利点は魅力ですが、利用料金相場が全体的に高めとなるデメリットを挙げることができます。お使いのガスの利用料金が、相場と比較して高額であると感じた場合には、複数の供給業者を比較検討できるウェブサイトなどを利用して契約する供給事業者を選定することをお勧めします。契約しているプランが割高である場合もありますので、見直しを掛けることで生活コストの削減に成功することが期待できます。ぜひガスの見直しをしてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *