ガス料金について考えよう
2019年3月12日

ガスの種類と選び方とは

ガスと一言で言っても、都市とプロパンの二種類があります。

用途は同じでガスコンロや給湯に使います。しかし、この二つは原料や供給方法、料金体系などに違いがあるため、その違いを知って自分に合ったものを選ぶことをオススメします。まず、二つを比べて安いのが都市の方になります。都市はメタンを主成分にした天然ガスで、地下にある管を通じて契約者に供給される仕組みになっています。公共料金ですのでプロパンに比べて代金は安く安全性が高いというメリットがありますが、配管のない地域では利用することができないなどの問題があります。

また、熱量が低く、災害時の復旧も遅いというデメリットも挙げられます。プロパンの方はブタンやプロパンが主成分のガスです。液化したガスを充填したボンベで供給するというシステムになっています。自由料金制のため販売店によって価格が異なるのが特徴です。都市に比べて熱量が高く、設置する初期費用が安い、料金交渉が可能で好きに販売店を選ぶことができ、災害復旧が早いというメリットがあります。ただし、代金が比較的高く料金変動があるというデメリットがあります。

二つに違いはありますが、重視するかによって選んでいきます。料金を重視したいという場合には、料金が安い都市の方を選び、火力を重視したいというのであればプロパンを選ぶという選び方をオススメします。賃貸の物件などでも使っているものは異なるため、物件を借りるときにはそこにも注意して借りることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *