ガス料金について考えよう
2019年2月15日

ガス節約生活で暮らしにゆとりを

人間の暮らしに欠かせないのがガスです。

ガスは生活の様々な場所で使用されている事は知っていると思いますが、具体的にどこで活用されているのかはご存知でしょうか。まず最初に浮かぶのはお風呂やキッチンで、お湯を沸かす給湯器や、キッチンのコンロなどの機器があげられるでしょう。その他ではファンヒーターや温水床暖房など、暖房機器にも利用されています。冬に使用料が増えるのは暖房機器の使用が多くなるからです。ガスは暮らしに必要不可欠ですが、それ故に利用量が多くなり、料金が高くなる傾向があります。「使用料金を見て驚いた」なんて経験があると思います。

ですが実は、使用料を抑え節約をするのは意外にも簡単なんです。節約術をして、生活にゆとりをもたせてみましょう。節約術の一番といえば、お風呂です。ガスの利用が多く、使用の内75パーセントを占めているのだそうです。お風呂での利用を上手くすれば、かなりの節約に繋がると考えていいでしょう。お風呂を沸かす時は、水から沸かすのではなく給湯でお湯を溜めるのがいいです。200リットルを沸かす場合でも給湯式の4倍の時間が掛かり、費用としては10円ほどの差があります。

微々たるものに思えますが、これが1年間となると3600円以上の節約になります。そうして、こまめに蓋をして熱を逃がさないようにすれば、更に節約に繋がります。40度に沸かしたお湯は蓋の有無で4時間後には約2度の差が生じるのです。冷めてしまったので追い炊きをする事で約6円の差額が生じるといわれています。これを1年積み重ねると1900円もの差額になるという計算になります。ガスの節約をして生活と暮らしにゆとりをもてるようにしましょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *