ガス料金について考えよう
2019年2月6日

生活には欠かせない暮らしを豊かにするガス

現在はボタンひとつで火を使えたり、蛇口を回すと熱湯も出てきたりというように昔では考えられないほど生活は便利になっています。

その当たり前とも言えるような便利な生活はガスなしでは語ることができません。暮らしのなかでガスというのはなくてはならない存在であり多くの場合はボンベを設置してもらい、使った分だけ料金を支払うというのが一般的となっています。最近ではガス料金は高いというようなイメージから自宅をオール電化にされる家庭も多く、オール電化で光熱費をひとまとめにされている家庭も増えていますが、光熱費を1つにまとめるというのは確かに節約には繋がる暮らしの知恵でもありますし、家計には優しいかも知れませんが電気は災害時には弱いとも言われています。

地震などの災害が多い日本においては、日々の生活のなかで災害時のことを視野に入れておかなくてはなりません。電気などのライフラインは暮らしにおいては欠かすことが出来ませんが、オール電化にしてしまうと火を使えないということも起こり得ますので、最近では予備のためにガスを用意されている家庭も多く、電気が使えない時も料理ができたりお湯を沸かすことも出来るため、災害の時にも安心であると言えます。

ガスというのは災害にも強いと言われていますし、地域によっては電気よりも先に復旧する可能性も高いため、全てのライフラインが停止してしまって混雑をしてしまうよりも、1つにまとめてしまうよりも、複数のライフラインを確保しておくということも実は大切なことなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *