ガス料金について考えよう
2019年1月21日

ガス料金を下げることが可能です

家計を楽にするためには、エネルギー関連費用を下げる方法を考えるのが有効です。

とりわけ、ガス料金の請求書を見て目を丸くすることがあるかもしれませんが、極端に高いことがあります。ガス料金は「基本料金+従量料金×ガス使用量(㎥))」の計算式で求めることができます。都市ガスでの料金の目安がありますので、それを基準にして自宅のガスの料金が高いかどうかを判断することが可能です。おおよそ1ヶ月の標準家庭でのガス使用量は32㎥とされています。

これをもとに1ヶ月のガスの料金を計算しますと、夏場が3、854円、冬場が7、184円という数次になってくるのです。あるいは、単価の高いガスを使っているせいで自宅のガス料金が高いのかもしれません。実はガスの単価そのものを安くする方法があるのです。都市ガスを使っている場合は、エネファームや床暖房などを設けた家庭には、標準とは異なった割引料金プランが用意されております。

エネファームや床暖房を設置すれば、それに見合ったガス料金は上昇することとなりますが、電気を使って暖房をしていた場合はそれが不要になりますので、その電気代の分が下がってくることとなります。つまり、家庭で使っている光熱費のトータルで考えた場合は、節電につながるという流れになるのです。これらのプランを使えば、一般料金よりも3%~13%安いガス料金が適用されます。冬に暖房で電気を使っている家庭では、エネファームや床暖房を取り入れることによって家計の節約ができることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *