ガス料金について考えよう
2019年1月18日

ガス料金を少しでも安くするには

自宅のガス料金が高いと感じることは多いかもしれませんが、実は都市型かプロパンかでもかなり違います。

プロパンの熱量は都市型と比べて約2倍もあり、半分の量で同等の効果があります。ただ、プロパンは自由料金なので会社が任意に料金を決めることが出来ます。1㎥あたりガス代の平均は500円から700円ですが、実際は300円台が適正価格とされていて都市ガスと比べて2倍もガス料金がかかります。都市ガスの場合や、エネファームや床暖房などを設置すると通常とは別に割引き料金プランがあります。

これらを設置するとガス料金は高くなりますが暖房などで使っていた電気代を軽減出来るので家計の光熱費を総額で見ると節電になります。このようなプランだと一般料金よりも3%から13%のガス代が割引されます。風呂もガス代が高くなりやすい場所です。風呂場で使える節約方法としてお風呂の蓋をこまめに閉めることや、追い焚きの回数を減らす、シャワーを出す時間を短くすることでも可能です。

他にも一人暮らしだとシャワーを使い、大人数ならお湯を張った方がお得ですしお湯の温度は適温にして、お湯が溜まったら自動で止められる機能の活用や節水シャワーヘッドを使うなどがあります。キッチンもガスをよく使う場所ですが、こちらも蓋や落し蓋を使ったり、一つの鍋で同時調理や火を中火にすることでも節約が出来ます。他にも大きめの鍋や野菜の下ゆでなどはレンジと使う、圧力なべや保湿鍋を使ったりと簡単なことから抑える事も可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *