ガス料金について考えよう
2019年1月12日

ガス自由化の特徴や得られるメリット

家庭用のガスは導管でそれぞれの家庭まで運ぶ都市型と、70戸以上の団地などの敷地に置かれた設備から供給する簡易型、それぞれの家にボンベを設置するプロパンなどがあります。

自由化になるのは都市ガスでこれまでは大手だけが運営や管理などをそれぞれの値域で販売などを独占してました。自由化されると導管の管理運営は引き続き大手会社が行いますが、それぞれの家への販売は新しく参入した会社が自由に決めることが出来ます。販売会社が増えることで価格競争が生まれその価格などを比較して、最も得な所を選べます。

電力自由化では約8兆円の市場が開放されると言われていましたが、ガス自由化は約2.4兆円規模の市場が開放されるとされてます。電力自由化では大手のガス会社が参入し新しい料金プランやサービスを展開しましたが、今度は大手の電力会社が参入しようとしてます。自由化されることで各企業が電気とガスそれぞれの価格を設定出来るようになので、独自に割引価格を提供することも可能です。

将来的にはそれぞれ割引きしたお得なセット料金プランなども登場し、利用者の生活にも良い影響が出る可能性は高いです。料金に関しては様々なプランが出ることが予想され、これまでの逓減型の料金システムのままで単位料金を引き下げたプランだと単身から大家族までお得です。他にも使用量が多いほど料金が安くなったり、一定量までが定額や基本料金がなく、純粋に使った分だけ料金が発生するプランなども期待出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *