ガス料金について考えよう
2018年12月6日

豊富な種類の浄水器とその特徴

水道の水をより安全においしくするために、一般家庭に広く普及しているのが浄水器です。

一口に浄水器といっても現在はその種類は大変豊富で値段や形、使い方など、設置場所や用途に応じて選ぶことができます。蛇口直結型というのは蛇口に直接取り付けるタイプの浄水器で、現在最も多くの家庭で使われており、手軽で安価なのが魅力です。このタイプはコンパクトで邪魔にならないうえ価格が安いのですが、フィルタの除去機能はそれほど高くないうえ、カートリッジが小さいので交換期間が速いのがデメリットです。

日常的に良く使う炊事や家事には使いやすいタイプと言えます。据置型のものはシンクに直接浄水器を設置して使用するタイプです。蛇口型よりも大きめなのでその分フィルタが長持ちし、水道水のろ過機能も高性能なものが多いのが特徴です。キッチンの流し台の下の部分に設置するのがアンダーシンク型です。システムキッチンの場合、最初から備え付けてあることもあります。表面的には浄水用のノズルが出ているだけなので、邪魔にならずにすっきりと置けるのが特徴です。

手軽に利用できるものとしてはポット型のものも高い人気があります。これはポットの中にカートリッジを組み込んであるタイプで、ポットの中に水道の水を注ぐだけで簡単に浄水することができ、しかも手軽に持ち運ぶことができます。そのまま冷蔵庫などで冷やして使うこともできます。またシャワーに取り付けて肌あたりの良い水にするタイプは、洗顔や洗髪、スキンケアにこだわる人には向いているタイプです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *