ガス料金について考えよう
2018年11月18日

給湯器交換の注意点は

住宅を新築する場合に、給湯器は欠かせないものです。

この給湯器の一般的な寿命は、新品で取付してから10年~15年と言われています。ですから新築後10年を経過したら、そろそろ給湯器交換の時期だと思ってください。また使用中に急にぬるくなったり急に熱くなったりしたら、給湯器交換することをお勧めします。給湯器を交換する場合に、注意すべき事を考えて見ましょう。自分で交換するには無理がありますので、専門の業者にお願いして交換してもらう事になります。

この時お願いする業者は、365日24時間アフターサービス対応の出来る業者にお願いしましょう。給湯器などの機器類のトラブルは、休日や時間に関係なく発生します。真冬の夜間の入浴中にトラブルが発生しても、直ぐに対応してもらえるような業者にお願いしましょう。また給湯器もガス式や石油式そして電気式とエネルギー源が様々ですが、これらに精通した技術を持つ業者にお願いすべきでしょう。

最近の給湯器の進歩は著しいものがあり、古い給湯器を使用するより新しい機種に給湯器交換をしたほうが家計が得する場合もあるので、エコ給湯器についても業者に相談すると良いでしょう。給湯器は従来と同じエネルギー源が良いのかそれとも変えたほうが経済的かなども、イニシャルコストやランニングコスト等を比較して検討しても良いでしょう。給湯器交換をきっかけにエコや経済性も一緒に検討して、永い目で見て最良と思われる機種と業者を選定しましょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *