ガス料金について考えよう
2018年11月12日

給湯器交換のメリット。

給湯器とは、水をお湯に変えて供給する器具のことをいいます。

熱源は電気、ガス、石油、太陽熱など様々なものがあり、住宅の構造や家族構成によって取り付けられる給湯器は変わります。ガス給湯器はプロパンガスを使って湯を沸かす方式で、一般家庭に最も普及していおり安定して使え耐久性が優れています。電気を使ってお湯を沸かす電気給湯器は電熱ヒーター式と熱交換式の2種類があり、どちらも貯湯タンクに蓄えておく仕組みとなっています。灯油給湯器は灯油をエネルギーとしてお湯を沸かすもので、ランニングコストが非常に安くなっているなどのメリットがあります。

しかし、ガスは音がなったり、屋内に設置する時は給排気設備がいる、電気は寒冷地では熱効率が悪く初期費用が高め、灯油は排気臭や灯油を補充する手間がかかるなどのデメリットがあります。給湯器の耐久年数は種類によって異なりますが8~15年ほどです。給湯器は年々新しいものが出て来ているため、交換時期だという人は給湯器交換を行うのも良いと思います。

給湯器交換すると、熱源の消費が削除することができるようになり、毎日入浴するという人にはおすすめです。最近では省エネとCO2を削減する給湯器も出て来ており、給湯器交換を行うことでものによっては国かから補助金が交付される導入支援補助金制度などもあります。自分の住んでいる住宅の環境に合った新しい給湯器を選ぶことで、従来のものと比べても光熱費を安くすることができます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *