ガス料金について考えよう
2018年11月9日

給湯器交換を定期的に行う

給湯器交換は壊れたら交換ではなく定期的に交換することです。

その理由は消耗品であるということです。基本的にこのような機器は10年程度経過すると故障しやすくなります。安全のためにもそれまでに交換をしておくことです。給湯器はガスや石油によって水を温めてお湯に変換して給湯するものです。給湯器の中にはいろいろな電子部品や温度センサーといったセンサー類、点火プラグなど精密な機器が入っているのです。

ほとんどの給湯器は屋外に取り付けられているので、風雨や温度差などで劣化しやすいものなのです。いずれ故障して使えなくなってしまう消耗品なのです。このように給湯器交換は定期的に行うといいのですが、交換する場合はまず容量を確認します。現在設置されているタイプの型番の数字部分が16、20、24と数字が大きくなるにつれて容量が大きいのです。家族の人数が増減した、また増減が予想されるならその容量にあわせたものを選ぶことです。

また給湯器交換に際してお風呂へのお湯の供給タイプとしてフルオート、オートなどのタイプもあり、また最近はエコタイプもあり設置することができるのはどのタイプか確認する必要があります。給湯器は故障するもので、もし操作パネルなどでエラーが表示されるようなことがあったり、給湯器の音が大きくなったなど変化を感じたら注意が必要です。お湯が使えないとお風呂や食器洗いなどで困る場合がほとんどです。故障する前に事前に交換することをおすすめします。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *