ガス料金について考えよう
2018年11月3日

給湯器交換をする場合

ほとんどの住宅には給湯器が設置されています。

キッチンや洗面所、お風呂やシャワーなどでお湯を使うために必要な機器です。住宅などの外に取り付けられていることが多く、マンションなどでは玄関横などに設置されているものです。給湯器はガスなど使用して点火することで水を温めてお湯にします。外に取り付けられていることもあり、また熱を発生することで劣化しやすいものでもあります。給湯器の寿命は10年程度と言われています。

10年を経過すると故障などのトラブルが多くなってきます。修理する方法もありますが、年数が経過しているとメーカーに部品がない場合もあります。また故障した場合はすぐに修理できないこともあり、お湯が使えないとなると生活にも支障が出てきて困ります。そういった意味でもある程度年数が経過したら給湯器交換を行うほうがいいでしょう。

給湯器交換をする場合は、まず今ついている型番を調べておきます。それは給湯器にも容量があってお湯を供給できる量が変わってきます。人数が多い家族なら大き目の給湯器を取り付ける必要があります。またお風呂へのお湯の供給方法もいくつか種類があり、最近は省エネタイプのものがありますが、交換する場合は取り付け可能か確認をしておく必要があります。給湯器交換自体はそれほど時間がかかる作業ではありません。プロの業者が行えば数時間で完了するので、通常の生活には支障がでることはありません。できれば故障する前に給湯器交換を行うほうがいいでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *