ガス料金について考えよう
2018年9月21日

都市ガスはなぜガス料金が安いのか?理由と豆知識

都市ガスを扱っているガス会社は、全国的にみて200社以上存在していると言われており、それぞれの会社によって基本料金の設定に違いがあります。

また、ガス料金は使った量に比例して基本料金も上昇していく仕組みになっています。一般的に、プロパンガスと料金を比べた場合は都市ガスの方がガス代が安いという印象がとても強いです。ガス料金は、基本料金に使用量(単価)をプラスして計算されています。平均的な単位は約200円から300円くらいとなりますが、基本料金と違い、使用量に応じて価格が少しずつ下がって行きます。

プロパンガスの場合は、基本料金も使用する単位料金も都市ガスの2倍で設定されている例が多くあり、これによって両者のガス料金に大きな差が生まれます。都市ガスは料金が安いため、プロパンガスよりも品質が悪いのではないかと思う方がいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。ガスボンベをそれぞれ必要な分だけ設置していくプロパンガスと違って、都市ガスは備え付けのガス管から配給されます。

確かにメンテナンスの手間はどちらにも掛かりますが、都市ガスは大掛かりなガスボンベの入れ替えをしません。さらに、動作の管理は主にコンピューターが担っているので、人間による労働を最小限に抑えることができます。プロパンガスよりも都市ガスの方が人件費や手間が少ない分、使用者には比較的安い料金で提供することが可能となっています。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *