ガス料金について考えよう
2018年7月31日

ガス料金の適正価格とはどのようなものですか

プロパンガス料金は、ガソリンや灯油などと同じ自由料金制が適用になるので、会社で価格が異なっていることをご存知ですか。

家庭によってもサービス内容や消費量が違うため販売価格が変わってくるのです。戸建てかアパートかでも料金は違うことがあります。プロパンガス料金は、契約した書類を見れば基本料金や従量料金・単価・使用量などを提示していますから確認が必要になります。会社によっては内容がわかりにくいこともありますから注意が必要です。単価がわかれば自宅のそれが高いのか安いのか調べておくことが一番のポイントになります。

エリアの適正価格で安ければいいですが、高い場合はガス会社の変更も視野に入れたほうがいいです。基本料金も、地域でガス会社によってもばらばらです。メーターがつく前は、ボンベ1本いくらという時代もありました。基本料金などがなかったのです。ボンベにまだガスが残っているのに空だからと持ち帰ってしまうこともありました。そこで適正価格をだすためにガス料金のメーターがつけられるようになったのです。

基本料金は、ボンベの配送料や検針料金・保安管理費用などが含まれているので、会社によって違ってくるのです。基本料金を確認して従量単価を割り出すことが重要になります。この単価を比べてみればそのエリアの適正価格より高いのは安いのかがわかる仕組みになっています。一度料金表を確認することで適正価格かどうかを調査してみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *